専業主婦妻と夫婦で取り組む副業ネットビジネス!月収20万の副収入で家庭円満ハッピーライフ

サラリーマンの旦那と専業主婦の妻が、夫婦共同で副業に取り組む日常を綴るブログ。パチスロ、ブログアフィリエイト、せどりなど副業に取り組んでいきます!目標金額月収20万円!

パチスロとの出会い

2015/02/27

そもそもパチスロとの出会い、パチスロに対する考え方の変化、パチスロと彼女の存在などに焦点を当てて、私の過去を振り返って行こうと思います。

スポンサードリンク

こんにちはたれめるとです。たれめるとって何者よ!?って話ですよね。私がパチスロと出会ったのは大学1年生の時です。それまでパチンコはかじったことはありましたが、大学の部活の先輩に連れられて、大学近くのパチンコ屋さんにサンダーVを打ちに行きました。

当時は目押しの技術が高ければ高いほどボーナスの獲得枚数も増える機種が多かったので、初心者の私はかなり損をしました。タコスロや花火、ビーマックス、アステカなど私世代の方は分かると思いますが、目押しが重要な機種ばかりでした。

目押しの練習と言っても、パチンコ屋さんで腕を磨くしかありませんでしたので、一生懸命目押しの練習をしていました。目押しが出来る人ってカッコいいんですよ!当時の先輩はパチスロを楽しく打つ人でしたので、設定などはほとんど気にせず2人して負けていました。

そんな中、同級生にパチスロ好きが居たので、よくパチスロの話をしていました。彼は設定の部分も大切にしており、目押しも私よりも上手にこなしていました。 彼は安定してパチスロで勝っていた為、彼に設定判別や優良店を教えてもらいながら、少しずつマイナス収支からプラスに転じていくようになりました。

 この頃から同じ機種を打つにも、高設定を探すことを前提として考えるようになりました。 大学近くのパチンコ屋に行くよりも20分自転車を漕いでより設定が入りそうな店を選択するようになりました。

パチスロ打ちたい!→お金がいる→負ける→パチスロ打ちたいのに打てない。

ってなるわけなんです。

パチスロ打ちたい!→お金がいる→勝つ→パチスロが打てる!

というサイクルに持っていかないといけないわけです。ようやくそれを理解したのでした。この考えはパチスロの機種やルールが変わった今も同様です。
同級生とは卒業するまで、一緒にホールに通ったり仲良くさせてもらいました。今はそれぞれ家族を持って離れていますが、連絡をとる仲です。そして、私は運命の出会いをします。

最後まで読んでいただきありがとうございます!


パチスロランキングへ

-過去録