専業主婦妻と夫婦で取り組む副業ネットビジネス!月収20万の副収入で家庭円満ハッピーライフ

サラリーマンの旦那と専業主婦の妻が、夫婦共同で副業に取り組む日常を綴るブログ。パチスロ、ブログアフィリエイト、せどりなど副業に取り組んでいきます!目標金額月収20万円!

「万枚」を真剣に考える話

2016/01/07

スロッターにおいて誰もが意識するのは「万枚」を出すということだと思います。

皆様にとって、「万枚」とはどういう位置づけでしょうか!?

私はパチスロを始めて、大花火を打ち出したぐらいから、万枚を意識するようになりました。

ちょっとオカルト的な考えですが、「万枚」を出したとき、万枚スロッターとしての勲章を貰えるというか、「万枚」を達成することで、ひとつレベルが上がったような気持ちになります。

もちろん「万枚」を達成したからと言って、それ相応の勝ち額は獲得しますが、レベルが上がる訳ではありません。


初万枚は!?

私が初めて「万枚」を達成した機種は、初代獣王でした。サバチャンの連チャンであらよあらよと万枚を達成したことを覚えています。

4号機時代は万枚到達の可能性が高い機種が多く、その他の機種でもアラジンや大花火、サンダーV2、サンダーバード、銭形、吉宗などあらゆる機種の万枚思い出があります。

逆に万枚を夢見るあまり、1日に10万円以上負けたことも何度もあります。

スポンサードリンク

暗黒の5号機時代の突入

5号機に入った当初は、よく回るがボーナス確率が重いといった機種が多く登場しました。万枚どころか、5000枚を出すことさえも困難な時代です。

いつしか、万枚なんてもう2度と出せないのだろう!と思うことも出てきました。

そんな中ホールで、万枚を出している機種を目の当たりにしました。その機種は、新鬼武者です!
ARTの300上乗せなど夢があるシステムが垣間見えた機種でした。ボーナスとARTの融合の面白さを知りました。

それからというもの、5号機においても万枚を達成できる可能性がある機種が続々登場しました!

パチスロファンはまた「万枚」への希望を胸にホールに向かうようになりました。私ももちろん同じ気持ちです!
ですが、その気持ちが5号機の規制をまた厳しいものにしてしまいました。


初めての5号機万枚、そして「万枚」への考え方を改める

図12222
私が最初で最後の5号機万枚機種はミリオンゴッド神々の系譜です。アメイジンググレイスが流れた時には鳥肌がたちました。
閉店でも取り切れずに、閉店後のホールにアメイジンググレイスが響き渡っていました(汗)

ですが、私もそろそろ「万枚」への夢見を止めなければならないと思っています。つい先日、新生「ハナビ」を打ったときに強くそう感じました。
私が、ホールに通いだした当初は「花火」「タコスロ」「サンダーV」といった「万枚」には程遠い機種が名を連ねていました。それでも、フラッシュや出目など興奮する要素はたくさん
ありました。

現在の機種はどでかい液晶に爆音とともに好機を演出するシステムがほとんどです。確かに興奮しますし面白いですが、煽り感が強いのが否めません。

パチスロにおいて最も興奮する瞬間は上乗せや特化ゾーンではなく、やはりBigボーナスでありたい!そうであって欲しいと「ハナビ」を打ったときに強く感じました。
そうなると、今のパチスロのルールですれば「万枚」は諦めなければならないのです。

ATにこだわるあまり現在のホールには初当たり確率が1/500を超える台が登場しています。当たりを楽しむパチスロから逸脱しているのです。

私は「万枚」を夢見るのではなく、パチスロの原点である「Big」を引くこと。「出目やフラッシュ」を楽しむこと!にシフトしていかなければならない!と思いました。

最後までお付き合い頂きありがとうございます


ブログランキングに参加しました。応援をお願いしますm(__)m
にほんブログ村 スロットブログ サラリーマンスロッターへ
にほんブログ村

-雑記
-, , , ,